コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茎枯病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

茎枯病(アルファルファ)

春先から茎枯および株枯を引き起こす糸状菌病。比較的低温でよく発生し、冷涼多湿時に激しくまん延する。初め下葉に黒から黒褐色の大小の病斑が多数現れ、 これが葉柄や茎にも広がる。葉の病斑は融合し大きな病斑となり、葉は黄化、落葉する。病勢が進むと、多くの葉柄や茎が黒褐色に枯れ、地上部全体が黒く坪状 に枯れる。病斑上には黒色の小粒(柄子殻)が形成され、ここから多湿条件下で胞子が風雨で飛散してまん延する。胞子は虫が体につけて運ぶこともある。病原 菌は主にアルファルファを侵すが、接種すればクローバ、マメ類などに感染する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

茎枯病(アルファルファ)の関連キーワード粒斑病(ソルガム・スーダングラス)

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android