コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草入り水晶 クサイリズイショウ

デジタル大辞泉の解説

くさいり‐ずいしょう〔‐ズイシヤウ〕【草入り水晶】

緑色または茶色の針状結晶鉱物が含まれているために、草の入ったように見える水晶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさいりずいしょう【草入り水晶】

内部に金紅石・電気石・緑泥石・緑簾石・赤鉄鉱などの結晶を含み、草を含んでいるように見える水晶。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の草入り水晶の言及

【水晶】より

…色のついたものは黄水晶(シトリン),茶水晶(スモーキー・クォーツ),紫水晶(アメシスト)など別の名称で呼ばれ,宝石として使われる。水晶の結晶中にルチルや電気石(トルマリン)の針状結晶が内包されているものは針入り水晶といい,緑色の緑泥石や角セン石などが内包されるときは,草状に見えるところから草入り水晶と呼ばれる。酸化マンガンの内包によって樹枝状模様を示すものはデンドリティック・クォーツの名で呼ばれている。…

※「草入り水晶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone