コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草結び クサムスビ

2件 の用語解説(草結びの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くさ‐むすび【草結び】

簡素な小屋を作って住むこと。
「この山の遥かの麓に、―する女なるが」〈謡・身延〉
《草を結んで道しるべにしたところから》人に先立って事を始めること。草分け。
「その―より久しき里人に弥藤太と呼び続けて」〈浮・新可笑記〉
男女の縁を結ぶこと。縁結び。
化粧坂(けはひざか)の少将様に頼まれ、弟の五郎様との―」〈浄・虎が磨〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさむすび【草結び】

粗末な庵いおりを作って住むこと。 「これはこの山遥かの麓に-する女なるが/謡曲・身延」
〔道しるべに草を結んだことから〕 人に先だって物事を始めること。くさわけ。草創。 「その-より久しき里人に弥藤太と呼びつづけて四代まで/浮世草子・新可笑記 1
男女の仲を約束すること。縁結び。 「草のゆかりの-/浄瑠璃・栬狩」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone