コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草結び クサムスビ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐むすび【草結び】

簡素な小屋を作って住むこと。
「この山の遥かの麓に、―する女なるが」〈謡・身延〉
《草を結んで道しるべにしたところから》人に先立って事を始めること。草分け。
「その―より久しき里人に弥藤太と呼び続けて」〈浮・新可笑記〉
男女の縁を結ぶこと。縁結び。
化粧坂(けはひざか)の少将様に頼まれ、弟の五郎様との―」〈浄・虎が磨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさむすび【草結び】

粗末な庵いおりを作って住むこと。 「これはこの山遥かの麓に-する女なるが/謡曲・身延」
〔道しるべに草を結んだことから〕 人に先だって物事を始めること。くさわけ。草創。 「その-より久しき里人に弥藤太と呼びつづけて四代まで/浮世草子・新可笑記 1
男女の仲を約束すること。縁結び。 「草のゆかりの-/浄瑠璃・栬狩」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

草結びの関連キーワード草を結ぶ新可笑記浮世草子初っ切り浄瑠璃草合せ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android