コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草分け クサワケ

4件 の用語解説(草分けの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くさ‐わけ【草分け】

土地を切り開いて、そこに村や町を興すこと。また、その人。
ある物事を初めて行うこと。また、その人。創始者。「電子工業界の草分け
草深い所を分けて行くこと。また、そういう所。
「―の道を早みて里を過ぎ」〈浄・日本武尊〉
草分き」に同じ。
「殿原―のかふ、…鹿の実にはよき処ぞ」〈盛衰記・三六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

草分け【くさわけ】

最初に土地を開拓して新しく町や村を創始すること。またはその開発を行ったとの伝承を有し,かつその土地に居住する家。草切,鍬(くわ)開き,芝おこしなどともいい,複数の場合は草分七軒,五軒(人)百姓,芝切三戸などともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くさわけ【草分け】

村落の開発をし,みずからそこへ住みついた最初の家。転じて,物事を創始することやその人をいう。草切り,鍬開き,芝起し,芝切りなどともいう。近世に開発された新田村などでは,歴史的事実として,最初に荒野を切り開いて耕地と集落を設定した者の子孫の家を草分けとか草切りと呼び,実際にその村の名主,組頭等の村役人を世襲的に独占していたことも多い。しかし,各地における草分けの家は,村落開発にあたった家として歴史的に確定できるものは少なく,多くが伝承としての草分けである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くさわけ【草分け】

草深い土地を切り開いて村や町の基礎をつくること。また、その人。くさきり。 「この村の-」
ある事を初めてすること。また、その人。創始者。 「この業界では-に属する」
草別くさわき 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草分けの関連キーワード住み満つ手ずからフラソコへこへこ水争い水黴村落址汝自らを知れ水掛聟国産旅客機の開発

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草分けの関連情報