コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道しるべ みちしるべ

世界大百科事典 第2版の解説

みちしるべ【道しるべ】

道路の分岐点にあって,それぞれの道が進む方向・目的地・距離などを記し,旅行者の便に供したもの。道標の字を当て,〈みちじるし〉〈どうひょう〉などと言うこともあり,旧街道沿いのもの,あるいは登山道沿いのものなど,歴史的なもの,もしくは小規模なそれを指すことが多い。日本における道しるべの起源は明確ではないが,現存する遺物の大半は近世,さらには近代以降に設けられたものである。石製のものが多いが,木製のものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

道しるべの関連キーワードPUX(ピーユーエックス)ヘンゼルとグレーテル滋賀県東近江市如来町産学官の道しるべ枝折り・栞・枝折パンくずリストガイド・ライン立て石・立石ガイドポスト琴平[町]町石卒塔婆笠置形灯籠笹川 隆平飛鳥井雅親フェロモン河瀬菅雄栗山満光ヘルメス春山士蘭川瀬菅雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道しるべの関連情報