コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小屋 こや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小屋
こや

母屋と別に独立した簡単な建物。用途から大別して3つに分類できる。 (1) 倉の用途をもち,家具,衣類,食料などを納めておく,母屋から離れた土地に建てた小屋。福島県南会津郡檜枝岐村板囲いの小屋はクラヤと呼ばれ,火災予防のために村の居住地から離れた場所にある。人家より戸数は多い。 (2) 母屋に接近した建物で,炊事を行うカマヤ,カマヤカタなどと呼ばれる小屋。 (3) 女性の月事と出産時に使う産屋 (うぶや) ,月経小屋ヒマヤ,タビ小屋などとも呼ばれる。 (2) (3) はいずれも火の清浄を保つため,隔離する必要から生れたものである。日本の西南部の村落では,こうした各種の機能をもつ小屋を屋敷内に多数設ける傾向があり,東北地方に典型的な,さまざまな機能を1つの大きな家屋にまとめる傾向と対照的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐や【小屋】

小さくて粗末な建物。仮に建てた簡単な造りの小さな建物。「掘っ建て小屋
雑物や家畜を入れておく簡単な建物。「物置小屋」「うさぎ小屋
《もと仮設の粗末な建物であったところから》芝居・見世物などの興行をするための建物。「小屋を掛ける」「見せ物小屋
平安時代、京都の大路に設けられた、衛府の役人などが夜回りにあたるときの詰め所
江戸時代、城中または藩主の藩邸にあった下級藩士の住居。
家の天井と屋根の間の部分。

しょう‐おく〔セウヲク〕【小屋】

小さな家。こや。
自分の家をへりくだっていう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こや【小屋】

小さく、簡単な造りの粗末な建物。また、仮に建てた小さな建物。
芝居などを興行する建物。
江戸時代、城中や藩主の屋敷内にあった藩士の住居。
「小屋組」の略。
屋根と天井との間にあたる部分。

しょうおく【小屋】

小さな家。こや。また、自分の家をへりくだっていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小屋
こや

母屋(おもや)に対して広く付属建物を小屋とよぶ。しかしときには、居住用以外の一般建物の呼称ともなっている。芝居小屋、祭り小屋、御籠(おこも)り小屋、船小屋、水車小屋、山小屋、普譜(ふしん)小屋などがそれで、芝居小屋を除き、概して簡略な建物をさすが、この場合、建物の構造および仕上げに関する定義はなく、習慣的な呼称である。このほか、屋根と天井裏、および小屋組みの略称としても用いる。付属建物でも、かならずしも屋敷内にあるとは限らない。対馬(つしま)や志摩その他の地方では、衣類や穀類を収納する小屋を、居住地から隔離して、棟(むね)続きに集団的に建てることもある。
 屋敷内の建物としては、牛小屋、馬小屋、木小屋、漬物小屋、堆肥(たいひ)小屋、灰小屋、糠(ぬか)小屋など、とくに用途別によぶものもあるが、土蔵を除き、納屋(なや)や作業場などを含めて、すべて小屋とよんで区別しないこともある。そのほか特殊なものとして、ヒゴヤとか不浄小屋とよぶ建物もある。これは月経や出産を不浄とし、その期間の女を火を別にして住まわせるもので、屋敷から離して、耕地の中などに建てたり、ときには地域共有の産(うぶ)小屋を建てたりする。忌み明けには、海水や河水で身を清め、浄火で沸かした茶を飲んでからでないと、家に入れない。最近までこの風習は残っていた。建物を新築する際に、まず建てられるのが作事(さくじ)小屋である。一種の物忌みを意味した神聖な場所とされ、神社建築の場合など、棟梁(とうりょう)は精進潔斎(しょうじんけっさい)をしたうえで小屋入りをした。[竹内芳太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小屋の言及

【仮屋】より

…一時的使用のために建てた小屋のことであるが,なかには古い思想・信仰の面影をとどめたものも多い。臨時の作業や材料保管のために小屋を建てるのはふつうのことであるが,山間地の山仕事・焼畑などのための山小屋・出作り小屋となると数ヵ月にわたる生活の場となる。…

【田屋(他屋)】より

…〈たや〉とよばれる建物は多屋とも書かれ,その内容はさまざまである。農民が田畑の番をするための小屋,山間地など遠距離にある田畑への出作り期間中の居住用に建てた小屋,また出産の際の産小屋,月経期間中の女性が忌み籠る小屋,喪に服するための忌小屋など,主屋と離れた別棟で,とくに建てられた小屋のこともいう。さらに所領が分散している場合,領主がこれらを管理するために置く施設も〈たや〉といい,地名にもなっている。…

【バラック】より

…本来は兵隊のための宿舎,とくに駐屯兵のための細長い宿舎を意味する。それが転じて,火災や地震,水害,あるいは戦争などで,家屋が焼けたり破壊されたりした際に,ありあわせの材料を用いて作った一時しのぎのための小屋を指すようになり,さらには,比喩的に粗末な住宅一般をも意味するようになった。このことばが一般化したのは,1923年9月1日に起こった関東大震災で瓦礫(がれき)の山と化した東京の都心に,人々が崩壊家屋の廃材などを組み合わせて建てた粗末な小家屋をバラックと呼ぶようになってからである。…

【屋敷】より

…屋敷を名請けした百姓が役人,役家,役儀之家,公事屋(くじや)などと呼ばれて夫役負担者とされ,弱小農民は田畠だけを名請けして屋敷の登録をうけず,夫役の負担をまぬがれていた。 検地帳に登録された屋敷は,その多くが屋敷囲いの内部に母屋(おもや)とともに小屋,門屋(かどや),隠居屋などを備え,小屋,門屋,隠居屋には主家の庇護・支配を受ける弱小農民(自立過程の小農)が起居し,母屋には主家が住いした。小屋住み,門屋住い,隠居身分などの弱小農民が家族をもち,その生計が主家のそれから一応独立分離している場合でも,家数人馬改帳(いえかずじんばあらためちよう)(夫役徴集の基礎帳簿)では,1屋敷の内部の生活は1竈(かまど)として把握され,屋敷囲いの内に住む弱小農民の家族は主家の家族に含まれるものとして主家に一括された。…

※「小屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小屋の関連キーワード小屋掛け・小屋掛田屋(他屋)薦張り・薦張掘っ建て小屋ログキャビン出作り小屋ストー夫人非人小屋小屋組み平安時代江戸時代ケンネル正月小屋犬小屋杣小屋小屋掛山小屋救小屋出小屋小屋束

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小屋の関連情報