コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草臥し クサブシ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ぶし【草×臥し】

鹿などが草の上に寝ること。また、その場所。
「野分(のわき)せし小野の―あれはてて深山に深きさを鹿の声」〈新古今・秋下〉
山野に野宿すること。旅寝。
「旅衣野ぢの―寒けきに風も同じく夕ゐせよかし」〈関白内大臣歌合〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くさぶし【草臥し】

鹿などが草の上にふすこと。また、その場所。 「さ雄鹿の小野の-いちしろく/万葉集 2268
山野に野宿すること。 「から衣きつつならしのおのが-/新撰六帖 5

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone