コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草鞋(そうあい)山遺跡 そうあいさんいせき

1件 の用語解説(草鞋(そうあい)山遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

草鞋(そうあい)山遺跡

中国・蘇州市にある世界最古級の水田遺跡。1992〜96年の日中共同の調査で、黄土層に直接掘った不規則な穴につくった、平均4平方メートルの小水田33枚から成る。約6000年前の水田遺構。長江の中・下流域で発見が相次ぐ稲作遺跡・遺物は、日本列島明らかになってきた縄文稲作との関連から注目されている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草鞋(そうあい)山遺跡の関連キーワード環濠集落洞窟遺跡纒向遺跡朝日遺跡滄浪亭岩田遺跡神田遺跡ボロブドゥール遺跡シクラス遺跡東名遺跡