コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草鞋親 ワラジオヤ

デジタル大辞泉の解説

わらじ‐おや〔わらぢ‐〕【草鞋親】

他村からの移住者村入りを承認してもらうために、保証人に頼む家。また、その家の主人。寄り親。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わらじおや【草鞋親】

村入りの際に保証人として頼む家。旧家や有力な家に頼み、以後その庇護を受けることが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の草鞋親の言及

【親子成り】より

… 親子成りが行われる契機には二つあり,第1は出産,命名,成人,結婚など通過儀礼の諸段階に行われるものであり,こうしてとった親に取上親,名付親,元服親,仲人親などがある。第2は拾い親,草鞋親のように通過儀礼の段階にはとくに関係なく,子どもが病気がちでよく育たないとか,新しく村に転入してきた場合に行われるものである。しかしいずれの場合にあっても,親子成りはある人間が新しい社会的状況に直面したときに行われるのが特徴である。…

【村入り】より

… 他所から転入してきた家の村入りに際しては,村内の人間を保証人にたて,その人の紹介と保証で加入するのが一般的である。この保証人のことを東日本ではワラジオヤ(草鞋親),西日本ではヌレワラジということが多い。だれを保証人に頼むかは村落の社会構造によって異なる。…

※「草鞋親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草鞋親の関連キーワード旧家

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android