他所(読み)タショ

デジタル大辞泉 「他所」の意味・読み・例文・類語

た‐しょ【他所/他処】

ほか場所。別の土地。よそ。「―に移り住む」「―者」
ほかの場所へ移ること。
「それさへ―せられなば、まいていかにいかに」〈栄花・衣の珠〉
[類語]よそほか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「他所」の意味・読み・例文・類語

た‐しょ【他所・他処】

  1. 〘 名詞 〙
  2. その場所と異なる所。ほかの場所。よそ。
    1. [初出の実例]「朕崩之後、冝大和国添上郡蔵宝山雍良岑竈火葬、莫他処」(出典:続日本紀‐養老五年(721)一〇月丁亥)
  3. ( ━する ) 他の場所にうつること。他出。
    1. [初出の実例]「一品宮令他処之事、左府気色不快云々」(出典:小右記‐寛弘八年(1011)八月一一日)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「他所」の読み・字形・画数・意味

【他所】たしよ

よそ。

字通「他」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android