コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒海の障子 アラウミノソウジ

デジタル大辞泉の解説

あらうみ‐の‐そうじ〔‐サウジ〕【荒海の障子】

清涼殿の東の広庇(ひろびさし)の北にあった絹張り衝立(ついたて)障子。表には荒海のほとりに立つ手長足長の怪人図、裏には宇治の網代(あじろ)で氷魚(ひお)をとる図が描かれている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あらうみのそうじ【荒海の障子】

清涼殿の東の広庇ひろびさしの北端にあった襖ふすま障子。表に荒海の浜にいる手長足長の図、裏に宇治の網代あじろに氷魚ひおをとる図が墨で描かれる。あらうみのしょうじ。 → 清涼殿

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒海の障子
あらうみのそうじ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

荒海の障子の関連キーワード宇治の網代の障子