清涼殿(読み)せいりょうでん

日本大百科全書(ニッポニカ)「清涼殿」の解説

清涼殿
せいりょうでん

せいろうでん」とも読む。平安内裏(だいり)の殿舎の名。中殿(ちゅうでん)、本殿(ほんでん)ともいう。天皇の日常の居所。平安初期には仁寿(じじゅう)殿にあった居所が、やがて清涼殿に移り、天皇がここで崩御すると建て替えられることもあった。律令(りつりょう)政治の変質によって、天皇の私生活の場である清涼殿が政治の中心となっていき、叙位・除目(じもく)などの重要な公事(くじ)も行われた。戦国末期になって、天皇の居所として常御殿という殿舎が建てられ、以後清涼殿では儀式を行うだけとなった。1855年(安政2)平安内裏を復原、造営された清涼殿が、現在も京都御所に残っている。

 後涼(こうりょう)殿の東、仁寿殿の西に位置し、檜皮葺(ひわだぶき)、入母屋(いりもや)造で南北9間、東西2間の母屋(もや)の四面に庇(ひさし)、東に孫庇がある東向きの建物。母屋は南側から、居間にあたる昼御座(ひのおまし)、次が寝室となる夜御殿(よるのおとど)、その北は藤壺上御局(ふじつぼのうえのみつぼね)、(はぎ)の戸(と)の2室に分かれる。東庇は南側から石灰(いしばいのだん)、次に平敷の昼御座が置かれ、二間(ふたま)、弘徽殿上御局(こきでんのうえのみつぼね)と続く。公卿(くぎょう)などの座となる東孫庇(弘庇(ひろびさし))は、北端に、布張りの衝立(ついたて)、荒海障子(あらうみのそうじ)が置かれ、その表には荒海のほとりに手長・足長という怪物のいる図が描かれており、二間の前には、同じく布張りの昆明池障子(こんめいちのそうじ)が置かれ、表に中国の昆明池の図が描かれている。南端に、踏むと音のする鳴板(なるいた)があって、年中行事障子を経て小板敷(こいたじき)に至る。東簀子(すのこ)には東庭へ下りる階段が2か所あり、簀子に沿って御溝水(みかわみず)が流れ、その前に河竹(かわたけ)・呉竹(くれたけ)が植えられた。西庇は北側から御湯殿(おゆどの)、御手水間(おちょうずのま)、朝餉間(あさがれいのま)、台盤所(だいばんどころ)、鬼間(おにのま)と、天皇の洗面、食事やその準備のための部屋が並んで、朝餉壺(あさがれいのつぼ)、台盤所壺という西庭に面する。南庇は公卿、殿上人(てんじょうびと)たちが詰める殿上の間になっていた。

[吉田早苗]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「清涼殿」の解説

せいりょう‐でん セイリャウ‥【清涼殿】

[一] 平安京内裏および里内裏の殿舎の一つ。平安中期から室町末期まで天皇の日常の御殿であった。時代によって間取りが変わっているが、現在の京都御所では平安内裏の形を復原してある。その東面では、四方拝小朝拝、叙位、除目、御前の評定などの儀式や政務、また、御遊なども行なわれた。紫宸殿の西北にあり、身舎(もや)は単層入母屋造、東を正面とし、南北九間、東西二間で、四方に廂(ひさし)がある。身舎の南五間分は一室として、ここに御帳台(みちょうだい)、大床子(だいしょうじ)を置く。その北には夜御殿(よるのおとど)、萩(はぎ)の戸、藤壺上御局(ふじつぼのうえのみつぼね)がある。東廂には弘徽殿上御局(こきでんのうえのみつぼね)、二間(ふたま)、昼御座(ひのおまし)、石灰壇(いしばいのだん)があり、その前に広廂(ひろびさし)がのびる。西廂には御湯殿の上、御手水間(おちょうずのま)、朝餉間(あさがれいのま)、台盤所(だいばんどころ)鬼の間があり、南廂は殿上間(てんじょうのま)となる。なお貴族の住宅を里内裏としたときには、東対あるいは西対を清涼殿代とした。中殿。本殿。御殿。せいろうでん。清涼。また、清凉殿とも書く。
※類聚国史‐三二・天皇遊宴・弘仁四年(813)九月癸酉「宴皇太弟於清涼殿。具物用漢法
[二] 京都嵯峨の清凉寺のこと。
※雑俳・柳多留‐八三(1825)「清涼殿を見わたせば伽羅の釈迦」
[三] 中国、漢代の宮殿の名。〔三輔黄図‐未央宮〕

せいろう‐でん セイラウ‥【清涼殿】

※栄花(1028‐92頃)つぼみ花「この宮の御乳母の夫中務大輔周頼とありし君を、この司召になさせへりしかば、せいらう殿をばそれ造る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「清涼殿」の解説

清涼殿【せいりょうでん】

内裏(だいり)の建物の一つ。〈せいろうでん〉ともいう。紫宸殿(ししんでん)の北西に隣接。9間4面の素木(しらき)造,屋根は檜皮葺き(ひわだぶき),入母屋(いりもや)造。天皇の日常の御座所で,四方拝や叙位,除目(じもく)などが行われたが,近世に御座所は常御殿(つねのごてん)に移り,清涼殿は儀式専用となった。今の京都御所の清涼殿は1885年造営,平安時代の様式をほぼ復元。
→関連項目飛鳥部常則荒海障子御湯殿御湯殿上乞巧奠京都御所狛犬昆明池障子左義長地下四方拝滝口殿上人堂上家塗籠藤原信実

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「清涼殿」の解説

せいりょう‐でん〔セイリヤウ‐〕【清涼殿】

平安京内裏十七殿の一。紫宸殿ししんでんの北西、校書殿きょうしょでんの北にあり、東面する入母屋造いりもやづく九間四面の建物。天皇が日常住んだ所で、御座おましよる御殿おとど朝餉あさがれいの間石灰いしばいの壇弘徽殿こきでんの上の御局みつぼね藤壺ふじつぼの上の御局みつぼね台盤所だいばんどころ殿上てんじょうの間はぎの戸などの部屋がある。四方拝叙位除目じもくなどの公事くじも行われた。せいろうでん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「清涼殿」の解説

清涼殿
せいりょうでん

平安京内裏のうち,天皇の日常の居所。南東紫宸殿,南に校書 (きょうしょ) 殿,東に仁寿殿 (じじゅうでん) がある。東面して建てられ,天皇の日中の御座所である昼御座 (ひのおまし) や寝所の夜御殿 (よるのおとど) ,朝餉 (あさがれい) の間などがある。天皇は清涼殿で,四方拝,小朝拝,叙位除目 (じもく) などの公事を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「清涼殿」の解説

清涼殿
せいりょうでん

平安京の内裏殿舎の一つで,天皇日常の居所
中殿ともいう。紫宸殿が儀式用御殿であるが,清涼殿でも四方拝・叙位・除目 (じもく) ・官奏・公卿僉議 (くぎようせんぎ) などの諸公事が行われた。天正年間(1573〜92)に常御殿が建てられて以来,儀式のみを行う御殿となった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「清涼殿」の解説

せいりょうでん【清涼殿】

平安京内裏の主要殿舎の一つ。〈せいろうでん〉とも読み,清冷殿,西涼殿,路寝(ろしん),中殿(ちゆうでん),本殿ともいう。天皇の日常の御座所があり,四方拝,小朝拝,叙位,除目(じもく)等の公事を行ったところ。平安京内裏では,はじめ諸殿の中央にあった仁寿殿(じじゆうでん)がその役を果たしていたが,村上天皇の代,960年(天徳4)の火災以後,清涼殿がこれに代わったと伝えられている。天正度の造営(1590)のときに常御殿(つねごてん)が造られ,これが天皇の日常の御座所となったため,清涼殿は儀式にのみ使用されることとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の清涼殿の言及

【皇居】より

…なお平安宮では,朱雀門以下の宮城十二門に囲まれた,内裏と朝堂院および諸官衙等を包括して宮城と称したが,唐の長安城では,官衙や宗廟を配置した皇城が,宮城の南に完全に区別して位置した。
[平安内裏と里内裏]
 平安宮の内裏は,紫宸殿(ししんでん)を正殿とし,その北に接する仁寿殿(じじゆうでん)を平常の居所とし,その北に后妃・皇子女等の居住する後宮諸殿舎を配置したが,紫宸殿における朝儀・公事が多くなるに伴い,9世紀末から10世紀初めの寛平・延喜ころから紫宸殿の北西に位置する清涼殿(せいりようでん)が天皇の常居となるようになった。この平安内裏は,960年(天徳4)村上天皇のとき初めて焼亡し,以後焼失と再建を繰り返して鎌倉中期に及んだが,1227年(安貞1)後堀河天皇のとき焼亡廃絶した。…

【清涼殿】より

…天皇の日常の御座所があり,四方拝,小朝拝,叙位,除目(じもく)等の公事を行ったところ。平安京内裏では,はじめ諸殿の中央にあった仁寿殿(じじゆうでん)がその役を果たしていたが,村上天皇の代,960年(天徳4)の火災以後,清涼殿がこれに代わったと伝えられている。天正度の造営(1590)のときに常御殿(つねごてん)が造られ,これが天皇の日常の御座所となったため,清涼殿は儀式にのみ使用されることとなった。…

※「清涼殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android