足長(読み)アシナガ

  • そくちょう〔チヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
足の長いこと。
足がきわめて長い、想像上の人間。
「(清涼殿ノ御障子ニハ)手長―などをぞ描(か)きたる」〈二三
遠方まで足をのばすこと。行動範囲が遠いこと。また、そのさま。
「我が国よりはるばる―に出て陣取るなり」〈蒙求抄・九〉
靴のサイズ表示法の一。足のかかとから、もっとも長い足指の先端までの長さ。JIS(日本産業規格)では5ミリ単位で表示される。→足囲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 足の長いこと。また、その人。
※沈黙の塔(1910)〈森鴎外〉「脚長は不精らしくちょいと横目でこっちを見た」
② 足が非常に長いという想像上の人。
※枕(10C終)二三「清涼殿の丑寅のすみの、北のへだてなる御障子(みさうじ)は、荒海の絵(かた)、生きたる物どものおそろしげなる手長(てなが)あしながなどをぞかきたる」
③ (形動) 遠方まで出かけて行くこと。行動距離が遠いさま。
※御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「鷺方には足ながに出て控へたり」
④ 植物「はこねしだ(箱根羊歯)」の古名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の足長の言及

【荒海障子】より

…清涼殿の東側,南北に走る広廂の北の端を仕切る布障子(襖)。2枚1組で南面は中央に荒海,左に足長,右に手長の異形の人物が,北面は宇治川に網代をかけて魚を捕る図が墨絵で描かれている。初めは巨勢金岡(こせのかなおか)の絵で,焼失のたびに原図や模本から作画されたと伝えられる。…

※「足長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足長の関連情報