コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足長 アシナガ

デジタル大辞泉の解説

あし‐なが【足長】

[名・形動]
足の長いこと。
足がきわめて長い、想像上の人間。
「(清涼殿ノ御障子ニハ)手長―などをぞ描(か)きたる」〈・二三〉
遠方まで足をのばすこと。行動範囲が遠いこと。また、そのさま。
「我が国よりはるばる―に出て陣取るなり」〈蒙求抄・九〉

そく‐ちょう〔‐チヤウ〕【足長】

靴のサイズ表示法の一。足のかかとから、もっとも長い足指の先端までの長さ。JIS(日本工業規格)では5ミリ単位で表示される。→足囲

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしなが【足長】

( 名 ・形動 )
足が長いこと。
遠くまで行くこと。(船の)航海距離が長いさま。 「 -に出たほどに兵糧よろづが大義/蒙求抄 6
〔山海経せんがいきよう〕 足が非常に長いという想像上の人間。手長てながとともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の足長の言及

【荒海障子】より

…清涼殿の東側,南北に走る広廂の北の端を仕切る布障子(襖)。2枚1組で南面は中央に荒海,左に足長,右に手長の異形の人物が,北面は宇治川に網代をかけて魚を捕る図が墨絵で描かれている。初めは巨勢金岡(こせのかなおか)の絵で,焼失のたびに原図や模本から作画されたと伝えられる。…

※「足長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足長の関連キーワードトビネズミ(跳鼠)カナダヤマアラシミユビトビネズミ土蜘蛛(古代)下肢足長指数キタキツネ荒海の障子建御名方神トビネズミクマネズミカゲネズミ福田愛美檀上花子嶋本秀朗海賦模様日野麻衣杉谷彝倫山本有美帆足京子荒海障子

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足長の関連情報