手長(読み)テナガ

デジタル大辞泉の解説

て‐なが【手長】

手が長いこと。また、そのもの。
盗癖のあること。また、その人。
手長島に住み、手が非常に長いという想像上の人間。
宮中や貴人の家で、酒宴などの際に膳部を次の間まで運び、取り次ぎをする役。また、その人。おてなが。
「今日の斎莚(さいえん)は―の役あるべからず」〈宇治拾遺・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てなが【手長】

手の長いこと。
盗癖のあること。また、その人。
手長島に住むという手の大変長い人間。足長あしながとともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。
祭祀さいしの際、神饌しんせんを運ぶ神官。
宮中や貴族の家で、宴会の際に、配膳の取り次ぎをする人。
大名家などの奥向きに仕える女性。仲居。 「御-のもの…おあちやと申すと/おきく物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手長の関連情報