コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手長 テナガ

デジタル大辞泉の解説

て‐なが【手長】

手が長いこと。また、そのもの。
盗癖のあること。また、その人。
手長島に住み、手が非常に長いという想像上の人間。
宮中や貴人の家で、酒宴などの際に膳部を次の間まで運び、取り次ぎをする役。また、その人。おてなが。
「今日の斎莚(さいえん)は―の役あるべからず」〈宇治拾遺・一三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てなが【手長】

手の長いこと。
盗癖のあること。また、その人。
手長島に住むという手の大変長い人間。足長あしながとともに清涼殿の荒海の障子に描かれていた。
祭祀さいしの際、神饌しんせんを運ぶ神官。
宮中や貴族の家で、宴会の際に、配膳の取り次ぎをする人。
大名家などの奥向きに仕える女性。仲居。 「御-のもの…おあちやと申すと/おきく物語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

手長の関連キーワード長崎県壱岐市郷ノ浦町田中触壱岐手長島海域公園地区ぐりとぐらとくるりくら壱岐対馬国定公園ウォツェック天手長男神社勝本[町]荒海の障子おきく物語建御名方神宮城道雄荒海障子神功皇后新地貝塚海賦模様巨人伝説足長手長はかる遣唐使土手鍋

手長の関連情報