荒海(読み)アラウミ

  • あるみ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 波が荒い海。あるみ。
※枕(10C終)二三「北のへだてなる御障子は、あらうみの絵(かた)、生きたる物どものおそろしげなる、手長足長などをぞかきたる」
② 歌舞伎の大道具に用いる浪幕(なみまく)を見立てていう。
※雑俳・柳多留‐四二(1808)「荒海や闇を着て寝る楽屋番」
〘名〙 (「あらうみ」の変化した語) 荒れている海。波の荒い海。荒れ狂う海。
※万葉(8C後)一五・三五八二「大船を安流美(アルミ)に出だしいます君つつむ事なく早帰りませ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒海の関連情報