荻島 真一(読み)オギシマ シンイチ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

荻島 真一
オギシマ シンイチ


職業
俳優

本名
荻嶋 真一

生年月日
昭和21年 10月7日

出生地
東京都 五日市市

学歴
多摩芸術学園大学演劇科〔昭和43年〕卒

経歴
昭和43年劇団四季に入り、46年日生劇場「信長記」森蘭丸役でデビュー。47年「あした天気になあれ」、49年「僕たちの失敗」などのテレビ出演で人気を得る。50年四季退団後は主に石井ふく子プロデューサーなどのテレビドラマで憂いを秘めたクールな二枚目として活躍。テレビ「スター千一夜」「もうすぐお昼」などの司会も務め、若い女性や主婦層から人気を集めた。他の出演に映画「宵待草」「妻と女の間」「らしゃめん」、テレビドラマ「夏の嵐」「お美津」「女の旅」「おていちゃん」「隠密剣士」などがある。

所属団体
日本俳優連合

没年月日
平成16年 11月11日 (2004年)

親族
従弟=荻島 正己(アナウンサー)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android