コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二枚目 にまいめ

6件 の用語解説(二枚目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二枚目
にまいめ

歌舞伎の役柄の一つ。白塗りにした美男子役で,劇中美女を相手に恋愛場面を繰り広げる。現在では,他の演劇や映画・テレビで使われるばかりでなく,日常的にも好男子のことを指す。江戸時代,表の看板や番付の右から2番目に書かれた花形役者が務めたところから,この名が起こった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にまい‐め【二枚目】

歌舞伎の役柄で、主に恋愛場面を見せる美男の立ち役。江戸時代の劇場で、表の看板の右から2番目に名が書かれたところからいう。また一般に、演劇・映画などの美男役。→三枚目
1から転じて》美男子。やさおとこ。
相撲の番付で、前頭十両幕下などの2番目の位置。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

二枚目【にまいめ】

歌舞伎用語。俳優の役柄のうち,女性に好かれる美男役,またこれを専門とする俳優をいう。昔の番付や看板では,この種の俳優の名を初めから2枚目に置くのが例だったためこの名が起こった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にまいめ【二枚目】

歌舞伎の芸のかたち,およびその役柄。本来は〈和事(わごと)〉または〈やつし〉と呼び,優美な男性が色恋を演じる芸のかたちである。白粉(おしろい)を塗っている色男の役で,この役柄の中に,〈つっころばし〉というコミカル味わいのより濃い役柄(たとえば《双蝶々曲輪日記》の与五郎)も含まれる。〈二枚目三枚目の心で演じよ〉という口伝があり,それが進んだときにこういう役柄が生まれた。ほかにやや手ごわい〈ぴんとこな〉(たとえば《伊勢音頭恋寝刃》の福岡貢)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にまいめ【二枚目】

〔近世、芝居の看板の二番目に名が書き並べられたことから〕 和事わごとでの美男役。また、その役者。 → 三枚目
映画・演劇などでの美男役。
美男子。ハンサム。
相撲番付で、前頭・十両・幕下などの二番目の位置。第二位。 「前頭-」
遊女などの稼ぎ高が第二位の者。 「店の-をはる」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二枚目
にまいめ

歌舞伎(かぶき)の役柄の一種。多くの女性に好かれるような美男子の役、またはこれを得意とする俳優のこと。江戸中期の京坂で、顔見世(かおみせ)興行の看板のうち、立役(たちやく)の俳優名を並べた六枚看板のなかで、この種の役柄の俳優の名が二枚目に置かれた慣例によるという。「和事(わごと)師」の俗称ともされ、顔をおしろいで美しく化粧するので「白塗(しろぬ)り」ともいうが、現代では広く芸能用語になり、日常語でも美男子の意味に使われている。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二枚目の関連情報