デビュー

精選版 日本国語大辞典「デビュー」の解説

デビュー

〘名〙 (début) ある人が社交界や舞台、文壇など公開の場に初めて登場すること。また、作品などを初めて世に出すこと。初舞台。初登場。
※無名作家の日記(1918)〈菊池寛〉「直ぐにも華々しい初舞台(デビュー)が出来るやうに思って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「デビュー」の解説

デビュー(〈フランス〉début)

[名](スル)
社交界・舞台・文壇など公の場に、新人が初めて登場すること。初舞台。初登場。「華々しくデビューする」「デビュー作」
俗に、初めて何かをすること。新たに何かを始めること。
[類語](1現れる出現する現出する登場する現前する顕現する生ずる現ずるのぞ出来る台頭誕生登板お目見えのし上がる躍り出る頭角を現す頭をもたげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデビューの言及

【ミンガス】より

…ロサンゼルスで育ち,1940年代にプロとなった。アームストロング・バンドを振出しに有名バンドで演奏したのち,52年自己のレーベル〈デビュー〉をつくり(1952‐55),貴重なレコードを世に送った。56年以降,《直立猿人》《道化師》(ともにアトランティック)をはじめ,黒人意識に根ざした問題作を発表,エリントンのバンドを小型化したような作風と相まって注目を集めた。…

※「デビュー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android