宵待草(読み)ヨイマチグサ

デジタル大辞泉の解説

よいまち‐ぐさ〔よひまち‐〕【宵待草】

オオマツヨイグサの別名。
[補説]作品名別項。→宵待草

よいまちぐさ【宵待草】[作品名]

竹久夢二による三行詩。大正2年(1913)刊行の絵入り詩集「どんたく」に収録。
唱歌。にバイオリン奏者の多忠亮(おおのただすけ)が曲をつけたもので、楽譜は大正7年(1918)出版。のち、西条八十により2番の歌詞がつけられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宵待草
よいまちぐさ

愛唱歌の曲名。竹久夢二作詞、多忠亮(おおのただすけ)作曲。1918年(大正7)5月、セノオ楽譜発行。明治の流行歌や唱歌調を脱し、また中山晋平(しんぺい)の一連の曲とも違った叙情的、感傷的な曲で、現代でも愛唱されている。もとの詞は七五調三句からなる短詩のため、のちに西条八十(やそ)が二節目を書き加えたこともある。著名な画家である夢二は詩作もよくし、セノオ楽譜から『なみた』『花をたつねて』ほかを出版。また大正中期以降は、同楽譜の表紙絵も多数描いた。なお、宵待草とは夏に咲くマツヨイグサ属の異称で、日没後に開花し翌朝しぼむ。その生態が「待てど暮らせど来ぬ人を」と歌う内容によく合致している。[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宵待草の言及

【マツヨイグサ(待宵草)】より

…花は黄色,夕刻に開き,翌朝しぼんで紅色になる。 竹久夢二が1912年に発表した〈待てど暮らせど来ぬ人を宵待草(よいまちぐさ)のやるせなさ……〉の歌詞は有名であるが,正しくは待宵草とすべきものであった。 茎は高さ30~90cm,上方でまばらに分枝し,葉は多数が互生し,披針形,無柄,中肋は白色で縁にあらい鋸歯がある。…

※「宵待草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宵待草の関連情報