コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宵待草 ヨイマチグサ

6件 の用語解説(宵待草の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

よいまち‐ぐさ〔よひまち‐〕【宵待草】

オオマツヨイグサの別名。
[補説]作品名別項。→宵待草

よいまちぐさ【宵待草】[作品名]

竹久夢二による三行詩。大正2年(1913)刊行の絵入り詩集「どんたく」に収録。
唱歌。にバイオリン奏者の多忠亮(おおのただすけ)が曲をつけたもので、楽譜は大正7年(1918)出版。のち、西条八十により2番の歌詞がつけられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

宵待草

1974年公開の日本映画。監督:神代辰巳、脚本:長谷川和彦、撮影:姫田真佐久。出演:高橋洋子高岡健二夏八木勲、青木義朗、吉田次昭、芹明香、仲谷昇ほか。

宵待草(よいまちぐさ)

日本の唱歌の題名。作詞:竹久夢二西条八十、作曲:多忠亮。発表年は1917年

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

よいまちぐさ【宵待草】

マツヨイグサの異名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宵待草
よいまちぐさ

愛唱歌の曲名。竹久夢二作詞、多忠亮(おおのただすけ)作曲。1918年(大正7)5月、セノオ楽譜発行。明治の流行歌や唱歌調を脱し、また中山晋平(しんぺい)の一連の曲とも違った叙情的、感傷的な曲で、現代でも愛唱されている。もとの詞は七五調三句からなる短詩のため、のちに西条八十(やそ)が二節目を書き加えたこともある。著名な画家である夢二は詩作もよくし、セノオ楽譜から『なみた』『花をたつねて』ほかを出版。また大正中期以降は、同楽譜の表紙絵も多数描いた。なお、宵待草とは夏に咲くマツヨイグサ属の異称で、日没後に開花し翌朝しぼむ。その生態が「待てど暮らせど来ぬ人を」と歌う内容によく合致している。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宵待草の言及

【マツヨイグサ(待宵草)】より

…花は黄色,夕刻に開き,翌朝しぼんで紅色になる。 竹久夢二が1912年に発表した〈待てど暮らせど来ぬ人を宵待草(よいまちぐさ)のやるせなさ……〉の歌詞は有名であるが,正しくは待宵草とすべきものであった。 茎は高さ30~90cm,上方でまばらに分枝し,葉は多数が互生し,披針形,無柄,中肋は白色で縁にあらい鋸歯がある。…

※「宵待草」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宵待草の関連キーワード首の座恋文OUT119噛む女白い手砂の器スパイ・ゾルゲ棒の哀しみ離婚しない女

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宵待草の関連情報