コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原白龍 すがわら はくりゅう

1件 の用語解説(菅原白龍の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

菅原白龍

幕末・明治の日本画家。出羽生。名は道雄、のち元道、別号に梵林・泰岳・日橋隠士等。家は代々修験者で白龍山梵林院の祠官。初め熊坂適山、のち富取芳斎について花鳥画を学ぶ。山水画を能くし、日本的な南画の確立に努力した。また国典にも通じていた。明治31年(1898)歿、66才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅原白龍の関連キーワード前田半田中島有章千原夕田中野其玉羽田月洲古屋重壽森関山松田竹園川端玉雪鬼頭如石

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅原白龍の関連情報