コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原白龍 すがわら はくりゅう

美術人名辞典の解説

菅原白龍

幕末・明治の日本画家。出羽生。名は道雄、のち元道、別号に梵林・泰岳・日橋隠士等。家は代々修験者で白龍山梵林院の祠官。初め熊坂適山、のち富取芳斎について花鳥画を学ぶ。山水画を能くし、日本的な南画の確立に努力した。また国典にも通じていた。明治31年(1898)歿、66才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅原白龍の関連情報