コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しし座流星群 ししざりゅうせいぐん Leonids

2件 の用語解説(しし座流星群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

しし座流星群
ししざりゅうせいぐん
Leonids

11月中旬にしし座γ星付近を放射点として現れる高速の流星群。 33年周期で大流星雨が見られる。 1866年に現れたテンペル彗星と軌道を同じくする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

しし座流星群

しし座の中の一点(輻射点)から放射状に飛ぶ流星群のこと。太陽を33年周期でまわるテンペル・タットル彗星が残した無数の塵が、地球の大気中に突入して燃え発光したもの。毎年11月17、18日頃をピークとして現れる。他の流星群に比べて、明るく早い流星が多く、火球(特に明るい流星)の出現率が高いといった特徴がある。また、極端に流星数が多い「流星嵐」を、1799年、1833年、66年、1966年などに起こしており、1833年、66年には一晩に20万個の流星が飛び、66年には米国アリゾナ州で突発的に1秒に40個の流星が観測されている。日本では、2001年に1時間当たり1000個以上の流星雨が観測され大きな話題となった。03年以降、流星数は減少傾向にあり、再び1時間当たり1000個以上の流星雨が見られるのは2094年頃になるとの説が有力となっている。

(2014-11-18)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しし座流星群の関連キーワードジャコビニ流星群ペルセウス座流星群秋雨前線獅子座流星群蛇座牡牛座流星群ちちり星輻射点放射点セメスター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しし座流星群の関連情報