コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野永岑 すがのの ながみね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野永岑 すがのの-ながみね

?-? 平安時代前期の官吏。
菅野真道(まみち)の子。天長8年(831)従五位下となる。亡き桓武(かんむ)天皇のため父真道が山城愛宕(おたぎ)郡八坂郷(京都市)に建立した道場院(八坂東院,のちの雲居(うんご)寺)の八坂寺(法観寺)との境界をさだめ,僧ひとりをおくことをゆるされた。主殿頭(とのものかみ),斎院長官,豊前守(ぶぜんのかみ)をつとめ,承和(じょうわ)8年(841)従五位上にすすむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例