コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雲居 ウンゴ

デジタル大辞泉の解説

うんご【雲居】[中国唐代の禅僧]

[835~902]中国、唐代の禅僧。名は道膺(どうよう)。曹洞宗洞山良价に師事し、江西省永修県の雲居山に住み、その宗風を宣揚した。

うんご【雲居】[江戸前期の僧]

[?~1659]江戸前期の臨済宗の僧。土佐の人。本姓小浜氏。諱(いみな)は希膺(きよう)。松島の瑞巌寺を中興した。

くも‐い〔‐ゐ〕【雲居/雲井】

《「居」はすわるの意。「井」は当て字》
雲のある場所。雲のたなびいている所。大空。
「みずからを―のひばりに比べ」〈倉田愛と認識との出発
雲。
「はしけやし我家(わぎへ)の方よ―立ち来(く)も」〈・中・歌謡〉
はるかに遠く、または高く隔たった所。
「―なる海山越えてい行きなば吾(あれ)は恋ひむな後は相寝(あひぬ)とも」〈・三一九〇〉
宮中。禁中。
「わざとの御学問はさるものにて、琴、笛の音にも―を響かし」〈・桐壺〉
皇居のある所。みやこ。
「秋の夜のつきげの駒よ我が恋ふる―を駆けれ時の間も見む」〈・明石〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

雲居の関連キーワード大悲円満国師勝地定主無し便々館琵琶彦菅谷 幽峰後れ先立つ雲居・雲井橋本 恵光木村騏道自然居士雲居希膺菅谷幽峰橋本恵光差し汲む菅野永岑雲山愚白方便無し諸葛白岩御座候ふ渡辺弗措時つ風

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲居の関連情報