雲居(読み)ウンゴ

デジタル大辞泉の解説

うんご【雲居】[中国唐代の禅僧]

[835~902]中国、唐代の禅僧。名は道膺(どうよう)。曹洞宗洞山良价に師事し、江西省永修県の雲居山に住み、その宗風を宣揚した。

うんご【雲居】[江戸前期の僧]

[?~1659]江戸前期の臨済宗の僧。土佐の人。本姓小浜氏。諱(いみな)は希膺(きよう)。松島の瑞巌寺を中興した。

くも‐い〔‐ゐ〕【雲居/雲井】

《「居」はすわるの意。「井」は当て字》
雲のある場所。雲のたなびいている所。大空。
「みずからを―のひばりに比べ」〈倉田愛と認識との出発
雲。
「はしけやし我家(わぎへ)の方よ―立ち来(く)も」〈・中・歌謡〉
はるかに遠く、または高く隔たった所。
「―なる海山越えてい行きなば吾(あれ)は恋ひむな後は相寝(あひぬ)とも」〈・三一九〇〉
宮中。禁中。
「わざとの御学問はさるものにて、琴、笛の音にも―を響かし」〈・桐壺〉
皇居のある所。みやこ。
「秋の夜のつきげの駒よ我が恋ふる―を駆けれ時の間も見む」〈・明石〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雲居の関連情報