コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野真道 すがののまみち

7件 の用語解説(菅野真道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菅野真道
すがののまみち

[生]天平13(741)
[没]弘仁5(814).6.29.
平安時代の学者。『続日本紀』の編纂者。延暦4 (785) 年左兵衛佐東宮学士,同9年図書頭兼伊予守となり,菅野朝臣を賜わった。以来,官位は昇進し,同 10年正五位下,同 24年参議左大弁,翌年大宰大弍,大同4 (809) 年従三位,弘仁2 (811) 年病気のため 71歳で致仕。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すがの‐の‐まみち【菅野真道】

[741~814]平安初期の官人。「続日本紀(しょくにほんぎ)」編纂(へんさん)者の一人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野真道 すがのの-まみち

741-814 奈良-平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)13年生まれ。百済(くだら)(朝鮮)系渡来人の子孫。延暦(えんりゃく)9年津連(つのむらじ)から菅野朝臣(あそん)に氏姓をあらためることをゆるされる。桓武(かんむ)天皇の信任をえて,安殿(あて)親王(のちの平城(へいぜい)天皇)の東宮学士,左大弁となり,24年参議。同年藤原緒嗣(おつぐ)と天下の徳政を論じた。「続(しょく)日本紀」などの編修に参加。従三位。弘仁(こうにん)5年6月29日死去。74歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅野真道

没年:弘仁5.6.29(814.7.19)
生年:天平13(741)
奈良末・平安初期の公卿。桓武天皇の側近。津山守の子。延暦9(790)年,津連から菅野朝臣に改賜姓された。桓武天皇(の母)と同じ百済系渡来氏族の出であったことから信任を得,延暦4年以後,安殿親王が即位(平城天皇)するまで東宮学士を務める一方,平安造都に当たっては,長岡京時代以来の民部省の上司和気清麻呂コンビを組み,造宮長官(のち造宮亮)として事業を推進した。延暦24年参議となり,同年12月,桓武天皇の面前で参議藤原緒嗣と「良い政治とは何か」を論じた(「徳政相論」)際,造都事業の中止を主張する緒嗣に強硬に反対した。桓武没後,観察使(山陰道,東海道),宮内卿などを歴任したが,弘仁2(811)年病気を理由に致仕。いまの高台寺(京都市東山区)辺りにあったという雲居寺は,桓武の追福のために建てた道場を子の永岑がその遺志を継いで整備したものと伝える。『続日本紀』『延暦交替式』の編纂にも従事。<参考文献>瀧浪貞子『平安建都』

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

すがののまみち【菅野真道】

741‐814(天平13‐弘仁5)
平安初期の貴族,学者。父は山守。はじめ津連(つのむらじ)であったが,790年(延暦9)百済国貴須王からの系譜と功績を上表して菅野朝臣を賜った。785年安殿親王(平城天皇)の立太子とともに従五位下皇太子学士,796年造宮亮となり,長く平安造都を担当した。797年正四位下左大弁,また初代の勘解由(かげゆ)長官となったらしい。805年桓武天皇が病のおり秋篠安人とともに参議となり,蝦夷征討と平安造都の停止を主張する藤原緒嗣と天下の徳政を相論したが,受け入れられなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すがののまみち【菅野真道】

741~814) 奈良末期・平安初期の学者。東宮学士・参議・常陸守。「続日本紀」の編纂に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅野真道
すがののまみち
(741―814)

平安初期の官人。父は津連山守(つのむらじやまもり)。百済(くだら)からの渡来人王辰爾(おうしんに)の後裔(こうえい)で、初め津連であったが、790年(延暦9)に菅野朝臣(あそん)に改賜姓された。桓武(かんむ)天皇の信任があり、785年安殿(あで)親王(平城(へいぜい)天皇)の立太子とともに皇太子学士となり、長くその任にあった。796年には造宮亮(ぞうぐうのすけ)として平安京の造営に加わり、翌年には『続日本紀(しょくにほんぎ)』撰進(せんしん)の功績により正(しょう)四位下(げ)左大弁となり、この年には初代の勘解由(かげゆ)長官となったらしい。805年(延暦24)に65歳で参議となり、この年12月には32歳の新進公卿(くぎょう)藤原緒嗣(おつぐ)と殿中で天下徳政の相論をし、桓武天皇の政治を評価せんとしたが、天皇の認めるところとはならなかった。平城朝には山陰・東海道両道の観察使となったが、811年(弘仁2)正月に71歳で致仕した。『続日本紀』のほか、その原史料を編んだ『官曹事類』や勘解由長官として『延暦(えんりゃく)交替式』を撰修するなど、当時の良官能吏の代表的人物である。[佐藤宗諄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅野真道の関連キーワード崇道天皇平氏氷上川継平安神宮壱志濃王百済教法坂上春子弥努摩女王和家麻呂賢憬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone