コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菖蒲打ち ショウブウチ

デジタル大辞泉の解説

しょうぶ‐うち〔シヤウブ‐〕【××蒲打ち】

端午節句に行われた男の子の遊び。ショウブの葉を編んで縄状にし、地面にたたきつけて大きな音の出たものを勝ち、または切れたほうを負けとした。菖蒲叩(たた)き。 夏》「御城下やここの辻にも―/水巴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやめうち【菖蒲打ち】

しょうぶうち【菖蒲打ち】

近世、五月五日の節句に、子供が菖蒲の葉を編んで縄のようにし、地面をたたきあい、切れた方を負けとする遊戯。しょうぶたたき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の菖蒲打ちの言及

【ショウブ】より

…また貴族の間では,菖蒲蘰や菖蒲冑をつけ,腰には菖蒲刀をさしたり,〈菖蒲合せ〉といって根の長さを競って歌を詠む遊びも行われた。これらの古代,中世の風習は,のちには民間でも行われるようになり,子どもたちは〈菖蒲打ち〉を行ったりした。菖蒲には強い香気があり,葉が剣の形をしているため,古くから魔よけとして使われ,邪気を払うと信じられた。…

※「菖蒲打ち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

菖蒲打ちの関連キーワード遊戯近世

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android