コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菖蒲 しょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菖蒲
しょうぶ

埼玉県東部,久喜市西部の旧町域。元荒川沿いに位置する。1889年町制。1954年小林村,三箇村,栢間村の 3村および大山村の一部と合体。2010年久喜市,栗橋町,鷲宮町の 1市 2町と合体して久喜市となった。見沼代用水,元荒川に囲まれた沖積地にあたり,沼沢地の多い水田地帯でナシの栽培も行なわれる。中心地区の蒲は,江戸時代は 2と 7の日に市の立つ市場町で栄えたが,明治以降は交通幹線からはずれて発展は停滞した。1972年,東部に東北自動車道の開通を機として久喜菖工業団地が造成された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あやめ【菖蒲】

アヤメ科アヤメ属の多年草。日当たりのよい乾燥した草地に生える。高さ30~60センチ。葉は細長く剣状。初夏、花茎の先に黄色い筋のある紫または白色の花を開く。多くの栽培品種がある。アヤメ属には、カキツバタシャガなども含まれる。古来、アヤメと呼んだショウブサトイモ科 夏》「片隅に―咲きたる門田かな/子規
ショウブの古名。
「五月(さつき)、―ふくころ」〈徒然・一九〉

しょう‐ぶ〔シヤウ‐〕【××蒲】

サトイモ科の多年草。池のそばに群生する。高さ約70センチ。地下茎は太く、赤みを帯びた白色。葉は剣状で中央脈が目立ち、厚く、香りがある。初夏、扁平で葉のような茎の中ほどに、淡黄色の多数の小花を円柱状につける。端午節句に用い、また根茎は漢方で健胃薬にする。あやめ。あやめぐさ。 夏》「夜蛙の声となりゆく―かな/秋桜子
アヤメ科のハナショウブの別名。

そう‐ぶ〔サウ‐〕【××蒲】

《「そう」は「しょう」の直音表記》「しょうぶ(菖蒲)」に同じ。
「―ふく家に時鳥(ほととぎす)鳴けり」〈落窪・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぶ【菖蒲】

サトイモ科の常緑多年草。湿地に生える。葉は剣形で、長さ約70センチメートル。初夏、葉に似た花茎を立て、淡黄色の肉穂花序を単生する。花序には直立する葉状の苞がある。芳香があり、漢方で健胃薬に用いる。日本では古くから邪気を払うものとして、端午の節句に屋根に葺いたり、鬘かずらに挿したりした。花菖蒲は葉形が似るが、別科の植物。そうぶ。古名アヤメ・アヤメグサ。 [季] 夏。 《 -髪粋に見らるゝ年の頃 /高浜年尾 》
アヤメ科ハナショウブの俗名。
かさねの色目の名。表は青、裏は紅梅または白。4・5月着用。そうぶ。
植物セキショウの漢名。

そうぶ【菖蒲】

〔「しやうぶ」の直音表記〕
しょうぶ(菖蒲) 」に同じ。 「 -の根、長き、など、ここなる若き人さわげば/蜻蛉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菖蒲
しょうぶ

埼玉県北東部、南埼玉郡にあった旧町名(菖蒲町(まち))。現在は久喜(くき)市の西部を占める地域。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)小林(おばやし)、三箇(さんが)、栢間(かやま)の3村と大山(おおやま)村の一部が合併。2010年(平成22)、北葛飾(きたかつしか)郡栗橋(くりはし)町、鷲宮(わしみや)町とともに久喜市に合併。備前堀(びぜんぼり)川と元荒川の間にある沖積低地からなる。国道122号が通じる。中央部には星(ほし)川が流れ、この自然堤防上に菖蒲の街が存在する。近世の菖蒲は市場町として栄え、2と7の日には市(いち)が立ち、米を中心とした売買が行われ、また木綿、紅花の特産品もあった。1728年(享保13)井沢弥惣兵衛(やそべえ)は、おもに星川の水路を利用した見沼(みぬま)代用水を開き耕地を開発した。近年はナシ、イチゴなどの園芸作物の生産が多い。また、久喜菖蒲工業団地による工業生産高が多い。ボート遊びや釣りによい久喜菖蒲公園、樹齢300年のフジ(県指定天然記念物)がある菖蒲神社、菖蒲城趾(し)のある「あやめ園」などがある。[中山正民]
『『菖蒲町の歴史ガイド』(1986・菖蒲町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

菖蒲 (アヤメ・アヤメグサ)

学名:Iris sanguinea var.sanguinea
植物。アヤメ科多年草

菖蒲 (ショウブ・ソウブ)

学名:Acorus calamus
植物。サトイモ科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

菖蒲 (ショウブ)

植物。花菖蒲の別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の菖蒲の言及

【ショウブ】より

…東アジアの亜熱帯から暖温帯に分布し,斑入り(ふいり)品種や小型のアリスガワゼキショウは観賞用に栽培され,またショウブと同様に薬用とされる。ショウブに菖蒲の字をあてるが,これは中国ではセキショウをさす。【堀田 満】
[民俗]
 古くは〈あやめ〉〈あやめぐさ〉と呼ばれ,これに菖蒲の字をあてたことから,のちに〈しょうぶ〉と呼ばれるようになった。…

【ショウブ】より

…東アジアの亜熱帯から暖温帯に分布し,斑入り(ふいり)品種や小型のアリスガワゼキショウは観賞用に栽培され,またショウブと同様に薬用とされる。ショウブに菖蒲の字をあてるが,これは中国ではセキショウをさす。【堀田 満】
[民俗]
 古くは〈あやめ〉〈あやめぐさ〉と呼ばれ,これに菖蒲の字をあてたことから,のちに〈しょうぶ〉と呼ばれるようになった。…

※「菖蒲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菖蒲の関連キーワード高知県高知市土佐山菖蒲埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲埼玉県久喜市菖蒲町新堀菖蒲塚古墳〈京都府〉秋田県由利本荘市赤田秋田県由利本荘市川口埼玉県久喜市河原井町東京都葛飾区堀切しょうぶパン鬼ー福岡県柳川市本町根合わせ・根合せ岐阜県百年公園森と湖畔の公園モラージュ菖蒲菖蒲の挿し櫛六日の菖蒲葺き籠もり菖蒲と杜若菖蒲〈町〉端午の節句

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菖蒲の関連情報