萩原朔太郎賞

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

萩原朔太郎賞

前橋市の市制施行100周年を記念して、同市出身の朔太郎にちなんで1992年に創設された。翌年から毎年、1年間に発表された現代詩の中から最も優れた作品の作者に賞を贈ってきた。同市など主催。第1回受賞者は谷川俊太郎さんで、2009年までに計17人が受賞した。今年の受賞作は9月3日に発表予定。

(2010-08-27 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萩原朔太郎賞の関連情報