コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩原朔太郎 はぎわらさくたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

萩原朔太郎
はぎわらさくたろう

[生]1886.11.1. 前橋
[没]1942.5.11. 東京
詩人。 1910年第六高等学校中退。北原白秋門下の新進として作詩活動を始め,また室生犀星の詩に感動して親交を結んだ。 16年犀星と『感情』を創刊,詩的主体の真実としての感情を重んじる口語自由詩を制作し,恩地孝四郎,山村暮鳥らも加えて感情詩派を形成した。 17年官能的な神経の戦慄と近代的な孤独を,音楽性に富む口語表現でうたった処女詩集『月に吠える』を刊行,近代詩一時代を画した。その後も,アフォリズム集『新しき欲情』 (1922) ,『青猫』 (23) ,『純情小曲集』 (25) を出版,『氷島』 (34) 発表の翌年『四季』の指導的存在に迎えられ,近代日本を代表する詩人として尊敬を一身に集めた。ほかに評論『虚妄の正義』 (29) ,選詩集『宿命』 (39) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はぎわら‐さくたろう〔はぎはらサクタラウ〕【萩原朔太郎】

[1886~1942]詩人。群馬の生まれ。「月に吠(ほ)える」「青猫」の2詩集を出して口語自由詩による近代象徴詩を完成、以後の詩壇に大きな影響を与えた。他に詩集「純情小曲集」「氷島」、詩論詩の原理」、アフォリズム集「新しき欲情」「虚妄の正義」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

萩原朔太郎【はぎわらさくたろう】

詩人。前橋生れ。六高中退後,1916年室生犀星と詩誌《感情》を創刊,反自然主義の立場から新しい抒情性を追究。1917年《月に吠える》で一躍詩壇の注目を集め,続く《青猫》《純情小曲集》,また漢語調を多用して詩風を一変させた《氷島》などの詩集によって近代抒情詩を一つの極点に導いた。
→関連項目伊藤信吉大手拓次恩地孝四郎散文詩四季(文学)那珂太郎萩原葉子前田夕暮三木露風三好達治山村暮鳥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萩原朔太郎 はぎわら-さくたろう

1886-1942 大正-昭和時代前期の詩人。
明治19年11月1日生まれ。父は医師。大正2年北原白秋主宰の「朱欒(ザンボア)」に詩を発表し,同誌を通じて室生犀星(むろう-さいせい)と生涯の親交をむすぶ。第1詩集「月に吠える」,第2詩集「青猫」で口語自由詩を完成させた。昭和17年5月11日死去。57歳。群馬県出身。前橋中学卒。作品はほかに詩集「純情小曲集」,アフォリズム集「新しき欲情」など。
【格言など】どんな真面目な仕事も,遊戯に熱している時ほどには人を真面目にし得ない(「新しき欲情」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

萩原朔太郎

没年:昭和17.5.11(1942)
生年:明治19.11.1(1886)
大正昭和時代の詩人。群馬県前橋市出身。父は開業医の密蔵,母はケイ。前橋中学在学時から創作活動を開始。文芸雑誌に主として短歌を投稿した。明治40(1907)年熊本の五高に入学したが1年で退学。41年岡山の六高に再入学したが43年退学。このころは音楽家を志し,郷里でマンドリンオーケストラを編成,指揮し,作曲を試みた。大正2(1913)年北原白秋主宰の『朱欒』を通じて生涯の友・室生犀星を知り,山村暮鳥を加えた3人で3年人魚詩社を結成し,4年『卓上噴水』を創刊。次いで5年には『感情』を創刊した。6年処女詩集『月に吠える』を刊行。これは近代詩史のうえでは,口語と自由律による全く新しい詩風が開拓されたという意味で画期的な出来事であった。12年には第2詩集『青猫』を刊行。収録された作品には「憂鬱」の語が頻出し,無為と倦怠を主調とした。14年刊行の『純情小曲集』は初期詩編「愛憐詩篇」と「郷土望景詩」を収める。また詩論『詩の原理』,アフォリズム集『新しき欲情』,研究書『恋愛名歌集』『郷愁の詩人与謝蕪村』などがある。その詩風は病的ともいえる鋭い感受性を特徴とするが,みずみずしい抒情から冷徹なシニシズムまで多様な展開を示す。また『月に吠える』の特異な口語脈を生かした自由詩から,昭和9(1934)年刊の『氷島』における漢語を多用した文語定型詩への変化も注目される。<参考文献>三好達治『萩原朔太郎』,伊藤信吉『萩原朔太郎研究』

(菅原克也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はぎわらさくたろう【萩原朔太郎】

1886‐1942(明治19‐昭和17)
詩人。群馬県前橋市の医家の長男として生まれた。神経質で音楽好きの少年で,父の医業を継ぎえず詩人となる。中学3年時より短歌を作り,新詩社社友となった。短歌制作は1914年ころまで10年余り続く。中学卒業後五高,六高,慶応大学などを転々,すべて中退に終わった。その間マンドリンに熱中,東京でオペラや翻訳劇を熱心に見る。新しい芸術に強くひかれる一方で,親の期待にそむく苦痛や郷土人との疎隔感から現実への不適応に苦しむ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はぎわらさくたろう【萩原朔太郎】

1886~1942) 詩人。群馬県生まれ。室生犀星と「感情」を創刊。特異な感覚の新しい口語詩の世界をひらいた「月に吠える」に始まり、虚無と倦怠の「青猫」を経て文語詩「氷島」に至る詩業は、近代抒情詩の頂点といわれる。他にアフォリズム「新しき欲情」、評論「詩の原理」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

萩原朔太郎
はぎわらさくたろう
(1886―1942)

詩人。明治19年11月1日、群馬県前橋市生まれ。父は医師。前橋中学3年のころから、短歌を主とする文芸活動を始め、校友会誌、『文庫』『明星』などに投稿した。また、絵を描き、写真に興味をもった。1907年(明治40)熊本の第五高等学校英文科に入学したが、1年で退学、08年岡山の六高独法科に入り直した。しかし、ここも1年生のまま10年5月までいて、修学の見込みがないのでやめた。この間、『昴(スバル)』に短歌を投じた。六高中退後は、郷里前橋と東京の間を往来し、マンドリンを習ったり、音楽学校を志して入学試験の準備をしたりした。
 1913年(大正2)北原白秋(はくしゅう)主宰の『朱欒(ザンボア)』に『みちゆき』ほか5編の詩が掲載されて詩壇にデビュー。同じ号に室生犀星(むろうさいせい)の『小景異情』をみいだし、生涯にわたる親交を結んだ。翌14年山村暮鳥(ぼちょう)を加えた3人で「主として詩、宗教、音楽の研究を目的とする」人魚詩社を創立、15年、機関誌『卓上噴水』を3号まで出した。このころ、「おれはなんのために生きてゐるのか」という人生問題に深く悩み、翌年にかけてほとんど1年間作品を発表しなかった。この問題は結局、ドストエフスキーの作品を通してキリスト教の愛に触れることで、いちおうの解決をみた。そこで、16年犀星と詩誌『感情』を創刊(1919年11月まで)、知的詩風に堕した詩壇に、感情の盛んに流露した詩をもって新風を送った。
 1917年処女詩集『月に吠(ほ)える』を出して一躍詩壇の寵児(ちょうじ)となった。18年に入るとふたたび詩の発表がとだえ、21年の初めに及ぶ。この期間は思索に専心し、所産としてアフォリズム、『詩の原理』に発展する詩論があった。19年に上田稲子と結婚。21年、詩の発表を復活し、『月に吠える』以後の詩を編んで23年に『青猫(あおねこ)』を刊行した。25年妻子を伴って上京。上京に先だって文語体の詩『郷土望景詩』を試みた。29年(昭和4)稲子と離婚。30年父を失い、人生の辛苦をしみじみと味わう。34年刊行の『氷島(ひょうとう)』はこうした生活を背景にもつ。『氷島』以後にはほとんど詩作はなく、アフォリズムや文化評論をもっぱら書いた。家庭的には恵まれなかったが、『四季』に集まった若い優れた詩人たちに囲まれ、詩人としては幸せな晩年であった。昭和17年5月11日自宅で没した。
 朔太郎の詩業の真髄は、自ら「愛誦詩篇(あいしょうしへん)に就(つい)て」で「我々は一意専心我々自身の実感を我々自身のリズムに盛りあぐる」といっているが、この主張を実践できたところにあるといえよう。小説家萩原葉子(ようこ)(1920―2005)は長女。前橋市に萩原朔太郎記念館がある。[久保忠夫]
『『萩原朔太郎全集』全15巻(1975~78・筑摩書房) ▽『日本近代文学大系37 萩原朔太郎集』(1971・角川書店) ▽『新潮日本文学アルバム15 萩原朔太郎』(1984・新潮社) ▽三好達治著『萩原朔太郎』(1963・筑摩書房) ▽伊藤信吉編『萩原朔太郎研究』(1972・思潮社) ▽萩原隆著『若き日の萩原朔太郎』(1979・筑摩書房) ▽安藤靖彦著『萩原朔太郎の研究』(1998・明治書院) ▽米倉巖著『萩原朔太郎論攷――詩学の回路/回路の思索』(2002・おうふう) ▽萩原葉子著『父 萩原朔太郎』(中公文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の萩原朔太郎の言及

【青猫】より

萩原朔太郎の第2詩集。1923年(大正12)刊。…

【大手拓次】より

…彼の内向的な幻想象徴詩風は,そうした教養体験の上に作られていった。初め吉川惣一郎の筆名を用いたが,北原白秋に認められてからの拓次は,萩原朔太郎,室生犀星と共に白秋旗下の三羽烏といわれ,ことに朔太郎に大きな影響を与えた。極度の含羞癖と孤独の意識は彼独特の官能の香気をたたえた詩風にも濃厚だが,また伝説的な誤解をも生んだ。…

【キリスト教文学】より

…ただ大正期に入ってこれら理想主義,人道主義の流れとは別にキリスト教思想とのかかわりが,より実存的な深さを示すようになる。すなわち〈浄罪詩篇〉を含む《月に吠える》(1917)によって現代詩への発端をひらいた萩原朔太郎や,遺稿《歯車》や《西方の人》に聖書によって問われる人間の実存的苦悩を描いた芥川竜之介などの登場が注目される。この系譜は昭和に入っては中原中也や太宰治の文学につながり,芥川における東方と西方の対立はその弟子堀辰雄を経て戦後の福永武彦や遠藤周作まで受け継がれてゆくこととなる。…

【月に吠える】より

萩原朔太郎の第1詩集。1917年(大正6)刊。…

【パノラマ】より

… なお,日本における最初のパノラマ興行は,1890年5月21日,浅草公園内に開館した日本パノラマ館でのそれであった。幼時体験の層でパノラマ観覧をうけとめた次代の詩人萩原朔太郎は,定本《青猫》のパノラマ的な挿絵〈世界名所図絵〉の解説において,〈パノラマ館の屋根に見る青空の郷愁〉について語っている。彼が,江戸川乱歩の耽美(たんび)趣味あふれる人工楽園小説《パノラマ島奇譚》を絶賛したのも故なしとしない。…

※「萩原朔太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

萩原朔太郎の関連キーワード群馬県前橋市千代田町群馬県前橋市敷島町慶光院 芙沙子父・萩原朔太郎土間の四十八滝慶光院芙沙子渋谷 国忠伊藤 信吉相川 俊孝杉江 重英前橋文学館朔太郎忌上田敏雄伊東信吉敷島公園象徴派虚無詩歌新進詩業

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

萩原朔太郎の関連情報