コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落屑 ラクセツ

デジタル大辞泉の解説

らく‐せつ【落×屑】

皮膚の表層大小の角質片となってはげ落ちること。また、そのもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らくせつ【落屑】

〘医〙 表皮角質層の上層部が大小の薄い断片となってはがれ落ちる現象。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の落屑の言及

【ふけ】より

…表皮の細胞は基底細胞層で細胞分裂をして増殖し,以後有棘細胞,顆粒細胞を経て最後に死んだ角質細胞となり,これに皮脂腺から分泌された中性脂肪などが混じって,あか(垢)となって自然に脱落する。脱落する角質細胞層を鱗屑(りんせつ)といい,落ちる状態を落屑(らくせつ)という。被髪頭部は毛包に開口する脂腺に富んでおり,長く洗髪をしないと脂腺から分泌される皮脂とよばれる脂質成分のトリグリセリド,ワックスエステル,スクワレンが鱗屑にしみこんで,脂っぽいふけになる。…

※「落屑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

落屑の関連キーワード紅皮症(剥奪性皮膚炎)みずむしなどの治療薬進行性指掌角皮症顔面単純性粃糠疹ビタミンA欠乏ビタミンA過剰頭部浅在性白癬ラミシールAT脂漏性皮膚炎ビタミンB2放射性皮膚炎ひび(湿疹)ヒョウヒダニ脂漏性湿疹掌蹠膿疱症発汗異常症手足症候群日光皮膚炎あかぎれ紅色陰癬

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android