コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落語の東西交流 らくごのとうざいこうりゅう

知恵蔵の解説

落語の東西交流

上方落語協会の桂三枝会長が、東京・上野の鈴本演芸場で、2006年4月中席(11〜20日)のトリを務めた。春風亭小朝、笑福亭鶴瓶らによる東西落語研鑚会(03年発足)の成功で東西落語交流は盛況だが、上方落語協会会長が東京の定席(じょうせき)に出演するのは異例。同協会は06年9月、大阪市北区に約60年ぶりに定席「天満天神繁昌亭」を復活させたが、その視察的な意味もあった。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android