コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落語の東西交流 らくごのとうざいこうりゅう

1件 の用語解説(落語の東西交流の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

落語の東西交流

上方落語協会の桂三枝会長が、東京・上野の鈴本演芸場で、2006年4月中席(11〜20日)のトリを務めた。春風亭小朝笑福亭鶴瓶らによる東西落語研鑚会(03年発足)の成功で東西落語交流は盛況だが、上方落語協会会長が東京の定席(じょうせき)に出演するのは異例。同協会は06年9月、大阪市北区に約60年ぶりに定席「天満天神繁昌亭」を復活させたが、その視察的な意味もあった。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone