コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定席 ジョウセキ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐せき〔ヂヤウ‐〕【定席】

座る人がいつもきまっている席。「定席につく」
常設の寄席。「講談の定席
常客として行く家。行きつけの家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょうせき【定席】

常設の寄席よせ)の意。貸席(かしせき)や現代のいわゆる〈ホール落語〉の貸ホールなどとは区別される。江戸,上方とも,1804年(文化1)ごろから創設された。現在は,上席(かみせき),中席(なかせき),下席(しもせき)と1ヵ月を三分しての10日間興行だが,大正初期までは,15日間ずつの興行だった。明治・大正時代の東京には240軒もあったが,昭和初期には114軒に落ちこみ,1990年現在では,東京で上野・鈴本演芸場,新宿・末広亭池袋演芸場浅草演芸ホールなど,上方で,なんばグランド花月など数軒にすぎなくなってしまった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうせき【定席】

きまった座席。いつもすわる席。
行きつけの家。なじみの家。
常設の寄席よせ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定席の言及

【寄席】より

… 寄席興行が最も盛んになったのは,文化・文政のころで,1815年(文化12)に江戸市中に寄席は75軒,文政年間(1818‐30)には125軒を数えた。1834年(天保5)に出た寺門静軒の《江戸繁昌記》によれば,天保のころには,すでに7日替りの常打ち(定席(じようせき))に近い寄席の形態が整えられていたことがわかる。寄席には昼席(ひるせき)と夜席(よるせき)があり,出演者名と日を記した行灯をかけ,下足番が呼びこみをしていた。…

※「定席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定席の関連キーワードトランペット[trumpet / tpt]チューバ(バス)[tuba(bass)]オーボエ[oboe / ob]奈良・大和路遊々きっぷ天光軒 満月(1代目)JRA DC CARD笑福亭 松鶴(6代目)広沢 虎吉(2代目)天光軒 満月(初代)エクスプレス予約小スペース落語会座席予約システム京の遊々きっぷ落語の東西交流青春18きっぷカクテルドレスユーレールパス松鶴家 千代若サクソフォーンみどりの窓口

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定席の関連情報