コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛井諸会 ふじいの もろえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛井諸会 ふじいの-もろえ

?-? 奈良時代の官吏。
和銅のころ官吏登用試験に合格して官職につく。天平(てんぴょう)7年(735)阿倍帯麻呂らの殺人事件の処理の不手際で処罰されたが,のちゆるされて19年相模守(さがみのかみ)となった。「万葉集」に短歌1首がおさめられている。

葛井諸会 かどいの-もろえ

ふじいの-もろえ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

葛井諸会の関連キーワード奈良時代和銅

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android