コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和銅 ワドウ

デジタル大辞泉の解説

わどう【和銅】

奈良時代、元明天皇の時の年号。708年1月11日~715年9月2日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わどう【和銅】

年号(708.1.11~715.9.2)。慶雲の後、霊亀の前。元明天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

わどう【和銅】

日本の元号(年号)。飛鳥時代から奈良時代にかけての708年から715年まで、元明(げんめい)天皇の代の元号。前元号は慶雲(けいうん)。次元号は霊亀(れいき)。708年(慶雲5)1月11日改元。武蔵国秩父郡から和銅(自然銅)が献上されたことを祝って改元が行われた。献上された銅塊を原料として、この年には和同開珎(わどうかいちん)の鋳造・発行も行われた(皇朝十二銭の初め)。また、同年には平城京造営の詔(みことのり)が出され、710年(和銅3)に飛鳥の藤原京から平城京への遷都が行われた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

世界大百科事典内の和銅の言及

【銅】より

…銅のもつ展延性,耐食性,導電性によって,古来金属として幅広い用途をもって人類文化の発展に寄与してきたが,今後は導電性に重点をおきながらも,なお耐食性,展延性を発揮できる材料として,基礎工業材料の重要さを失わないで引きつづき使われるであろう。【葉賀 七三男】
【日本における生産,流通の歴史】
 産銅の記録上の初見は698年(文武2)で,因幡国,ついで周防国から銅鉱を献じたといい,708年武蔵国より和銅(にぎあかがね)すなわち自然銅を献じている。朝廷では慶雲の年号を和銅と改め,近江国で銅銭の和同開珎を鋳造させ,ついで河内,山城などでも同銭をつくらせた。…

※「和銅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

和銅の関連キーワード京都府木津川市加茂町銭司長崎県諫早市高来町法川埼玉県秩父市黒谷出雲国風土記奈良許知麻呂豊後風土記石川宮麻呂蓄銭叙位法丹比笠麻呂常陸風土記大伴安麻呂三宅藤麻呂巨勢子邑治長屋王願経巨勢多益須蓄銭叙位令多治比水守肥前風土記播磨風土記古風土記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和銅の関連情報