葦田鶴(読み)アシタズ

デジタル大辞泉の解説

あし‐たず〔‐たづ〕【×葦田鶴】

《葦の生える水辺にいるところから》鶴(つる)の別名。
「湯の原に鳴く―は我(あ)がごとく妹(いも)に恋ふれや時わかず鳴く」〈・九六一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしたず【葦田鶴】

つるの異名。 「湯の原に鳴く-は/万葉集 961

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あし‐たず ‥たづ【葦田鶴】

〘名〙 (葦の生える水辺に多く居ることから) 「つる(鶴)」の異名
※万葉(8C後)六・九六一「ゆの原に鳴く蘆多頭(あしタヅ)は吾が如く妹に恋ふれや時わかず鳴く」
[語誌]「万葉集」では「たづ」は「つる」に対する歌語として使われていたと考えられ、平安時代以降もそれは変らない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android