コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌語 カゴ

デジタル大辞泉の解説

か‐ご【歌語】

特に和歌に用いられる言葉や表現。「(つる)」を「たず」と表現する類。うたことば。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

歌語【うたがたり】

和歌について,その作者,内容,成立事情などを語ったもの。打聞。平安貴族の生活には和歌が深く浸透していたため,歌にまつわる説話噂話口頭で語られることがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かご【歌語】

主に和歌を詠む時にだけ用いられる特殊な言葉や表現。鶴つるを「たず」、蛙かえるを「かわず」と表現する類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歌語
かご

和歌に用いられることば。とくに、鶴(つる)に対して「たづ」、蛙(かえる)に対して「かはづ」、あるいは「わぎもこ(我妹子)」「さくらばな(桜花)」「さくらがり(桜狩)」などのように、普通の話しことばや散文には用いられず、和歌を詠むときだけに用いられる特定のことばをさすことが多い。一般に和歌のことばは和語系で、漢語を用いることはまれであり、洗練された文学用語として、いわゆる俗語的なものが排除される傾向にあったから、歌語はしだいに雅語的なものとして受け止められるようになった。懸詞(かけことば)や縁語、あるいは音数律など、和歌特有の表現技法の影響下にあり、一方その変遷は、和歌史の推移に深くかかわっている。[久保木哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

歌語の関連キーワード徒言・直言・只言和歌童蒙抄後撰和歌集月並・月次佐竹昭広大和物語尾ろの鏡べらなり千家尊孫日葡辞書歌経標式戸田茂睡新撰髄脳詠歌一体古今調むぐら歌物語奥義抄芹摘む二四八

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌語の関連情報