コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔田暢斎 まきた ちょうさい

美術人名辞典の解説

蒔田暢斎

江戸後期の書家。伊勢の人。家は代々龍太夫の代官。名は器、字は必器、通称を亀六、別号に彪山・箕山等。書を韓天寿・沢田東江らに、画を月僊に学ぶ。享和元年(1801)歿、64才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒔田暢斎 まきた-ちょうさい

?-? 江戸時代中期-後期の書家。
伊勢(いせ)(三重県)の人。享和3年(1803)書体字典「集古妙蹟(みょうせき)」を編集した。名は器。字(あざな)は必器,田器。通称は亀六。別号に彪山,小虎山房など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android