コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒔絵師源三郎 まきえし げんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒔絵師源三郎 まきえし-げんざぶろう

?-? 江戸時代前期の浮世絵師,蒔絵師。
元禄(げんろく)(1688-1704)ごろ,大和奈良の人。「人倫訓蒙図彙(じんりんきんもうずい)」1-2巻,および井原西鶴(さいかく)の浮世草子の挿絵などをかいたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蒔絵師源三郎の言及

【人倫訓蒙図彙】より

…著者未詳。画は蒔絵師源三郎。1690年(元禄3)刊。…

※「蒔絵師源三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蒔絵師源三郎の関連キーワード源三郎(2)西川祐信源三郎蒔絵師

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android