コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄積保険料

保険基礎用語集の解説

蓄積保険料

危険保険料とともに純保険料を構成するものであり、毎年決算に基づき次年度に繰越し、責任準備金として積立てられていくものです。主として満期保険金を支払うための財源として蓄積されますが、途中死亡者に対する死亡保険金を支払うため、その一部が危険保険料とともに充当される財源にもなっています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone