コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純保険料

2件 の用語解説(純保険料の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

純保険料

一般に保険料というときは、営業保険料をさしますが、このうち保険金、給付金の支払にあてる予定の部分を純保険料といい、大数の法則にしたがって、事故発生の確率を見出し、これによって算定されます。生命保険では、予定死亡率予定利率とを計算基礎として、収支相等の原則に基づいて算出されます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の純保険料の言及

【保険料】より

…保険契約者が保険者の給付に対して支払う代償(反対給付)。生命保険では,(1)被保険者が将来,死亡したときや満期のときに支払われる保険金の財源になる部分(この部分を純保険料という)と(2)保険制度を維持するための費用の部分(付加保険料という)とで組み立てられている。純保険料はさらに,死亡保険金の支払の財源になる部分(死亡保険料または危険保険料という)と満期保険金の財源となる部分(生存保険料または貯蓄保険料という)に分かれる。…

※「純保険料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

純保険料の関連情報