コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄縮 キッシク

デジタル大辞泉の解説

きっ‐しく【縮】

[形動ナリ]《「きくしゅく」の音変化》堅苦しくて融通がきかないさま。また、損得にこだわって出し惜しみをするさま。
「竹にくくりし戸のあけたて、―ならぬ挨拶に」〈浄・鬼一法眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっしく【蓄縮】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔「きくしゅく」の転。近世語〕
物惜しみするさま。けちなさま。 「呉服屋の-なる気の毒ども/浮世草子・禁短気」
律儀で融通がきかないさま。 「 -ならぬ挨拶に/浄瑠璃・鬼一法眼」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蓄縮の関連キーワード出し惜しみ浮世草子

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android