蓄縮(読み)キッシク

デジタル大辞泉の解説

きっ‐しく【縮】

[形動ナリ]《「きくしゅく」の音変化》堅苦しくて融通がきかないさま。また、損得にこだわって出し惜しみをするさま。
「竹にくくりし戸のあけたて、―ならぬ挨拶に」〈浄・鬼一法眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっしく【蓄縮】

形動 [文] ナリ 
きくしゅくの転。近世語
物惜しみするさま。けちなさま。 呉服屋の-なる気の毒ども/浮世草子・禁短気
律儀で融通がきかないさま。 -ならぬ挨拶に/浄瑠璃・鬼一法眼

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android