コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓄縮 キッシク

デジタル大辞泉の解説

きっ‐しく【縮】

[形動ナリ]《「きくしゅく」の音変化》堅苦しくて融通がきかないさま。また、損得にこだわって出し惜しみをするさま。
「竹にくくりし戸のあけたて、―ならぬ挨拶に」〈浄・鬼一法眼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっしく【蓄縮】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔「きくしゅく」の転。近世語〕
物惜しみするさま。けちなさま。 「呉服屋の-なる気の毒ども/浮世草子・禁短気」
律儀で融通がきかないさま。 「 -ならぬ挨拶に/浄瑠璃・鬼一法眼」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蓄縮の関連キーワード出し惜しみ浮世草子

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android