融通(読み)ゆうずう

精選版 日本国語大辞典「融通」の解説

ゆう‐ずう ‥ヅウ【融通】

〘名〙
① 滞りなく通ずること。相互の間に障害もなく通用すること。また、隔てなく気持などが通じ合うこと。ゆずう。〔文明本節用集(室町中)〕
煤煙(1909)〈森田草平〉三〇「神と人間との間には未だしも融通がある」 〔任昉‐斉竟陵文宣王行状〕
② 金銭の流通すること。また、困ったときや困った人に金銭物品などを貸借すること。やりくりすること。ふりかえて使用すること。ゆずう。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉二「誠に今年は不手廻りで融通が悪うございます」
③ 仏語。異なる別々のものがとけあって邪魔しないこと。互いにとけあって一体となること。ゆずう。
[補注]古い例は多く「ゆずう」と読まれている。→ゆずう

ゆ‐ずう ‥ヅウ【融通】

〘名〙 (「ゆ」は「融」の呉音)
※習道書(1430)「自他ゆつうのみちをもて、舞歌をなす心をもつべし」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「つかふための金銀だから用向の事には遣ふがよし。つかはねば融通(ユヅウ)が悪い」
※真如観(鎌倉初)「万法を融通(ユヅウ)して一切となせば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「融通」の解説

ゆう‐ずう〔‐ヅウ〕【融通】

[名](スル)
とどこおりなく通じること。転じて、必要に応じて自在に処理すること。ゆずう。「融通のきかない石頭」「融通自在」
必要な物や金を都合すること。やりくり。ゆずう。「資金を融通する」
仏語。別々のものがとけあって一体となること。ゆずう。
[類語](1弾力的フレキシブル柔軟変通臨機応変融通無碍むげ/(2金繰りやりくり切り盛り工面都合捻出算段まかなう繰り合わせ貸す貸し出す用立てる貸し切る貸し付ける貸し渋り貸与貸し付け融資金融又貸し転貸賃貸前貸し貸し金貸し切りローンレンタルリース

ゆ‐ずう〔‐ヅウ〕【融通】

ゆうずう(融通)」に同じ。
円頓ゑんどん—ののりの灯かかげそひて」〈奥の細道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android