蓬の丸寝(読み)よもぎのまろね

精選版 日本国語大辞典「蓬の丸寝」の解説

よもぎ【蓬】 の 丸寝(まろね)

よもぎの宿で着物を着たままで寝ること。あばら屋でごろ寝すること。
源氏(1001‐14頃)東屋「かかるよもぎのまろねにならひはぬ心ちもをかしくもありけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蓬の丸寝」の解説

よもぎ‐の‐まろね【×蓬の丸寝】

荒れた宿にごろ寝をすること。
「かかる―にならひ給はぬ心地も」〈・東屋〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android