コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓬萊山人帰橋 ほうらいさんじんききょう

世界大百科事典 第2版の解説

ほうらいさんじんききょう【蓬萊山人帰橋】

江戸後期の洒落本作者。生没年不詳。本姓河野氏。上州高崎藩士で江戸深川に住む。1779年(安永8)《美地の蠣殻(かきから)》以後,《通仁枕言葉(つうじんまくらことば)》(1781),《富賀川(ふかがわ)拝見》(1782)など,深川の遊里に強い愛着を持ち,その風俗をうがち,深川女の意気地を描く。また大の鈍金無(のろまかねなし)の狂号で大田南畝ら狂歌師と親交があり,その交遊のさまが《愚人贅漢居続借金(ぐにんおとこいつつかりがね)》(1783)に描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android