コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うがち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うがち

江戸時代後期の戯作における表現技巧の一つ。一般に知られていないことを指摘し,軽くさらけ出してみせること。洒落本滑稽本,川柳 (せんりゅう) などにみられるが,洒落本にはことに多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うがち

江戸中期の戯作(げさく)文学における重要な表現法の一つ。当時,軽々には人の気づかない世相風俗の現象や,人間の性癖・欠陥等を“あな()”と称して,その“あな”を指摘することを好む風潮があり,それを俗文芸に表現する時の手法としたのが“うがち(穿)”である。1750年前後(寛延宝暦),江戸における談義本の中に顕著にあらわれ,以後洒落本,滑稽本,黄表紙等,いわゆる江戸戯作の中心的手法となった。それは一見風刺や教訓と酷似するが,戯作の本質がもっぱら滑稽性の醸出という点にあるので,“うがち”ももっぱら人の意表をつく意外性と誇張性とが強調されて,より裏面観・側面観に徹し,滑稽性を増幅するために用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うがち
うがち

戯作(げさく)の発想法の代表的なもの。本来「穴をうがつ(穿つ)」とか「穴をいう」ことの意で、この場合「穴」とは社会生活万般においてみいだされる欠陥をさし、それが個人的に現れる場合はその人の癖や気質をさすことになる。「うがち」はその欠陥を鋭く指摘することで、ややもすれば気づかれずに放置されている穴をいち早く指摘するときに、その「うがち」は賞賛される。「うがち」の姿勢はおおむね無責任であり、あくまで「笑い」のための発想法である以上、「風刺」や「教訓」との間には懸隔がある。[中野三敏]
『中村幸彦著『戯作論』(1966・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のうがちの言及

【穴】より

…軽々には人の気づかない世相風俗のある現象や,人間の性癖・欠陥などを言う。そしてその“あな”を指摘した描写や表現を“うがち”と称して戯作(げさく)文学の重要な表現法の一つに数えられる。“うがち”は今日言う風刺や教訓と似てはいるが,それは滑稽性を醸し出すための手段であり,無責任な放言に近い。…

※「うがち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

うがちの関連キーワードランツァン(瀾滄)江サンドドレン工法軍威石窟三尊仏傾城買四十八手イスファハン州リン(林)県蓬萊山人帰橋太安万侶墓誌田中 五呂八ロックボルト宇洞ヶ谷横穴山之内仰西筒形石製品抉り・刳りのみ(鑿)掘立柱建物中野三敏岸田杜芳通言総籬秋川渓谷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

うがちの関連情報