コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵敷料(読み)くらしきりょう

世界大百科事典 第2版の解説

くらしきりょう【蔵敷料】

貨物を倉庫業者に預けた荷主が支払う貨物保管料。昭和初期まで商慣用語として使われたが,今日では倉庫保管料という。江戸時代の大坂蔵屋敷では,蔵米の入札販売後30日間は蔵屋敷が無料で米を保管した。しかし実際上,無料保管期限(〈追出し〉という)は徐々に延長され,9~18ヵ月となった。〈追出し〉後は10石に付き1日1~2升の蔵敷料(番賃)が徴収されたが,これが1石に及ぶときは保管米を売却して,代銀で預かるしくみとなっていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android