コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄手火蛾/薄足袋蛾 ウスタビガ

1件 の用語解説(薄手火蛾/薄足袋蛾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うすたび‐が【薄手火×蛾/薄足×蛾】

ヤママユガ科のガ。翅(はね)の開張は雄が約8~9センチ、雌が約8.5~11.5センチ。雄は黄褐色、雌は黄色で、秋に発生。幼虫はクリ・クヌギ・ナラなどの葉を食害。繭は緑色で柄のついたかます形をし、山かます・山びしゃくとよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄手火蛾/薄足袋蛾の関連キーワード衣蛾樟蚕柞蚕天蚕糸蚕舞舞蛾山黄蝶山繭与那国蚕大水青蛾神樹蚕