開張(読み)カイチョウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ちょう〔‐チヤウ〕【開張】

[名](スル)
大きく広がること。大きく広げること。「樹冠が開張する」
チョウ・ガ・トンボなどの昆虫が、翅(はね)を広げたときの長さ。鳥は翼開張という。
開帳3

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいちょう【開張】

チョウやガなどの左右に開いた前ばねの先端を結ぶ距離。
開帳」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ちょう ‥チャウ【開張】

〘名〙
① 大きく開いてひろげること。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉六「単弁花冠は之を二部に区別し其下部の狭き処を筒と名け上部の開張せる処を舷(げん)と名く」 〔孝経‐開宗明義疏〕
② (中国の近世語から) 開店すること。商売を始めること。開業すること。
一年有半(1901)〈中江兆民〉二「其所謂進取の業を開張し来れること茲に三十余年にして」 〔警世通言‐白娘子永鎮雷峰塔〕
③ (「開帳」とも書く) 賭場(とば)を開くこと。
※刑法(明治四〇年)(1907)一八六条「賭博場を開張し又は博徒を結合して利を図りたる者は」
チョウ、ガ、トンボなどの昆虫がはねを拡げたときの幅。左右のはねの端から端までの直線距離で表わす。胴の幅も含まれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開張の関連情報