コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師寺種永 やくしじ たねなが

2件 の用語解説(薬師寺種永の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

薬師寺種永 やくしじ-たねなが

?-? 江戸時代前期の砲術家。
父種広の鍛練流砲術をうけつぎ,島原の乱に参加した際オランダの大砲術をまなぶ。寛文(1661-73)のころ自覚流砲術を創始した。子孫は代々長崎の町年寄をつとめ,長崎湾砲台の警備を担当した。通称は宇右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

薬師寺種永

生年:生没年不詳
江戸前期の砲術家。自覚流砲術の創始者。宇右衛門と称した。平戸(長崎県)のオランダ人から大砲術を修めた父久左衛門種広より鍛練流砲術を受け継いでいたが,島原の乱(1637~38)に参加してオランダ砲隊に協力するようになったことで,オランダの砲術に一層の関心を持ち,父伝の鍛練流に工夫を加えて自覚流砲術を唱えるに至った。その特徴とするところは移動砲架を持った野戦砲と測距法にある。子孫は代々長崎の町年寄を勤め,併せて長崎港警備の砲台を預かり幕末におよんだ。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬師寺種永の関連キーワード浅香朝光梅沢与一兵衛太田新之允荻野安重奥重吉黒田十兵衛田付景澄種田木工助西村忠次久松土岐太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone