コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛文 カンブン

大辞林 第三版の解説

かんぶん【寛文】

年号(1661.4.25~1673.9.21)。万治の後、延宝の前。後西ごさい・霊元天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かんぶん【寛文】

日本の元号(年号)。江戸時代の1661年から1673年まで、後西(ごさい)天皇、霊元(れいげん)天皇の代の元号。前元号は万治(まんじ)。次元号は延宝(えんぽう)。1661年(万治4)4月25日改元。内裏炎上の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『荀子(じゅんし)』を出典とする命名。寛文年間の江戸幕府の将軍は徳川家綱(いえつな)(4代)。1671年(寛文11)に、仙台藩伊達家で家督相続をめぐる御家騒動が起こった。「伊達騒動」あるいは「寛文事件」といわれる。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

寛文の関連キーワード高木作右衛門(3代)玉川千之丞(初代)正親町三条公廉深江屋太郎兵衛砂村新左衛門山田次左衛門西園寺実晴花山院定好黄葉和歌集日暮小太夫高栄女王岩佐勝重渡辺吉綱有栖川宮倉橋泰吉池田邦照鷲尾隆量榊原政房穏仁親王水野勝種

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寛文の関連情報