コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町年寄 まちどしより

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町年寄
まちどしより

江戸時代の町役人の呼称の一つ。村方における名主庄屋に相当する。江戸では,江戸町年寄と呼ばれ,町奉行の下,町名主の上にあり,その地位は重く樽屋奈良屋喜多村の3家が世襲した。大坂の町年寄は江戸の町名主に相当し,江戸町年寄に相当する惣年寄の指揮下にあった。その職務は,町奉行の御触・指令の伝達,人別改,消防,衛生,風紀,交通など町政全般にわたり自治的性格が強かった。初めは任命制であったが,のち毎町1人の割で町人のなかから選挙された。江戸,大坂以外の諸都市にも町年寄もしくはこれに相当するものがおかれたが,職務,名称はそれぞれ地方によって異なっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まち‐どしより【町年寄】

江戸時代の町役人。江戸では町奉行に属し、奉行所のお触れ・指令の伝達、町内の収税町名主の監督などに当たった。大坂の惣年寄(そうどしより)に相当する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

町年寄【まちどしより】

町役人

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まちどしより【町年寄】

近世の城下町や商業都市で町を支配する役人。とくに総町を支配する役人の名称として,江戸,甲府,福井,長崎などの都市で用いられた。ただし,大坂,堺などでは総年寄といい,ほかに町大年寄,総町年寄頭など,呼び方は場所により多様であった。 江戸の町年寄は,はじめ〈江戸宿の年寄〉と呼ばれていたようである。奈良屋,樽屋,喜多村の3家があり,それぞれ日本橋本町一丁目,二丁目,三丁目の角屋敷を拝領していた。はじめは町中の支配だけではなく,街道の整備なども行っていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まちどしより【町年寄】

町役人の上位にあって町内の日常行政を取り扱う有力者。江戸においては、町名主の上にあって最高位の町役人。大坂の総年寄に相当する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町年寄
まちどしより

町奉行(まちぶぎょう)のもとで江戸の町を支配した役人。奈良屋、樽(たる)屋、喜多村(きたむら)の三家が世襲した。大坂ではこれにあたるものを総年寄と称した。大坂で町年寄というのは、江戸の町名主にほぼ相当する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の町年寄の言及

【年寄】より

…室町幕府や江戸幕府,大名家では重臣を年寄,家老老中と称している。また室町時代,江戸時代を通じて宮座,商工業の座,株仲間の重役も年寄と称されており,江戸時代の村落でも庄屋や名主(なぬし)を補佐する役人を村年寄といい,都市の行政単位である町内の行政を担当し,支配機構の末端をになう役人を町(ちよう)年寄と称した。宮座の年寄も老人,宿老と同義語で,若衆,中老などの年齢階梯を通過したものが,最終の年齢集団の年寄衆(老人)に入り,加入順に一老(いちろう)(一﨟(いちろう),一和尉(いちわじよう),一和尚(いちわじよう)),二老,三老などと称され,一老を勤仕したあと年寄から引退する。…

【町名主】より

…農村を支配する名主と区別して町名主と呼んだ。職名も都市により相違があり,大坂では町年寄,岡山では名主年寄,仙台では検断・肝煎(きもいり),若松では検断,名古屋・犬山・長岡では町代,姫路では年寄,金沢では肝入,岡崎・飯田では庄屋,駿府では丁頭など多様な名称が用いられている。 1590年(天正18)徳川家康が江戸に入ったとき,町の支配役としては(1)入国以前から江戸にいた者から取り立てられた者がおり,さらに(2)家康入国後命ぜられた者,(3)江戸で町屋が建設されるさいに町役頭ないし名主と呼ばれた者がいた。…

【町役人】より

…町役人の身分は町人であるが,その管轄範囲や事務の内容によって区別された。まず町全体(総町)を支配する町役人として,江戸の町年寄,大坂の総年寄のような役職がある。彼らは町の筆頭町人として,町奉行のもとで触の伝達をはじめ多様な総町の行政事務に従事し,同時に町の運営に関する各種の諮問・答申も行っている。…

※「町年寄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

町年寄の関連キーワード高島四郎兵衛(初代)高木作右衛門(初代)高島四郎兵衛(3代)高島四郎兵衛(4代)高木作右衛門(4代)高木作右衛門(5代)高島四郎兵衛(2代)総年寄・惣年寄奈良屋市右衛門樽屋藤左衛門伊藤三右衛門友野与左衛門久松土岐太郎吉川三左衛門鳥居儀右衛門喜多村弥兵衛樽屋与左衛門伊東巳代治高橋 石霞江戸町名主

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android